日和庵ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回クリスマスコーディネートの準備ができてな~~~い!とブログを書いてから
本気でお尻に火が付いたと改めて悟りまして・・・。

まあ、追い込まれてからが強いのよ(^^;)ではないけれど、やっぱりやる気になれば何とかなるものだ(笑)
今まで完成したものは写真に残してきたけれど、この際作る工程も記録しておこうかなと、思い立ち、

「時間がないのにね~あえて自分の首絞めるよね~」と、写真撮りながらの土台の活け込みを開始しました。
お花屋さんから、「注文まだですか~~?仕入れが間に合いませんよ~!」と怒られながらアタフタと花材を
決めて仕入れた今年の花材たちです(^^)
13872830333204.jpg
土台のグリーンは色が変わらないのが気に入っている薩摩杉。
小さめのユーカリやリューカレンドロの亜種で、白い松ぼっくりみたいな実がシックなイメージのやつ!名前忘れたんですけど。。(笑)あと、シルバーブローニア、シルバーの植物はクリスマスっぽいですよね!

お花を扱うのは大好きです!♪
なので、どんなに忙しくてもお花屋さんに注文せず、下手でも自分の作ったもので
お客様をお迎えしたい!
このスタンスは変わりません。きっとこれからも(^^)

さて、戦闘開始!
まずは薩摩杉を小枝に切り分けて・・・。
これが気が遠くなるんです(--;)元来飽きやすくてめんどくさがりな私にはこれが一番向いてない作業かと・・・。最初の一個は楽しんで、2個目でかなりテンション下がり気味、3個目で完全ギブです(^^;)
なので、一日3個が限度です。
だからお花が好きでも絶対お花屋さんになれないなぁ~・・・きっと。

13872830050123.jpg


オアシスにたっぷりお水を含ませて杉の小枝を一つずつ刺していきますが、この段階でどんな形になるかは、ノープラン。。。
ちなみに土台のグラスは何年も使わなくなって眠っていた、氷を張って使う夏用のスープ皿だったりします。
シェフに何かないかな~?と相談したら、
「こんなんどう?もう使わんよ」と、奥の方から引っ張り出してくれました。
「お~~~これもらいます!」
で、はっと閃いて氷の部分にシルバーとゴールドのツリーオーナメントを入れてみました。
13872828631550.jpg 13872829676732.jpg


13872827386080.jpg 13872826389122.jpg
キャンドルも丸いのにしようか長いのにしようか決めてなくて、去年は丸いキャンドルだったので、長くしよ~かな? で、とりあえずオアシスに刺してみた!ダメなら丸いのと入れ替えればいいや!
毎年そうですが、どこまでもノープランの製作過程(笑)


13872827729252.jpg 13872827883693.jpg
こんなんでいいのか?最初はリースみたいに丸くさしていたんですが、キャンドル長いし。。。
刺していくうちにサイドも長くしよ~かな?
キャンドルと合わせて三角形のスタイルになっちゃいました。これで今年の形がやっと決まってきました。

13872822497590.jpg
13872819136710.jpg
杉を刺し終わったら、松ぼっくりや姫リンゴ、白妙菊、ビバーナムティナスといった土台の花材をワイヤーに通して活け込んでおきます。


13872829176001.jpg
とりあえずここまでで、土台完成。一個作るのにかかった時間1時間くらい?
これにクリスマスディナーの始まる前日に最後の白バラを活け込んで完成予定です(^^)

これをあと12個作ります!
時間との闘いだあ~~~~(TT)ガッデム!頑張るぞ~~~!
スポンサーサイト
師走もあっという間に中ごろで、はっと気づけは・・・・・今年もあと20日ばかり!
ウソでしょ?(汗)

最近は何だか夢の中でも仕事に追われているらしく、自分の寝言で目が覚めます。
スタッフにあれやっておいて!これやって!と言いながら走り回っている夢・・・・。
重症の師走病だなぁ~(笑)

この年末は特に大きなパーティーが多く、師走の醍醐味を身をもって体感中の毎日。
本当に何だか走り回ってます!(笑)
そんな中、今年もやっぱりクリスマスディナーの準備が何にも出来てない~!

テーブルキャンドルのコーディネートどうしましょ?
アイデア浮かぶヒマがない!

来週の初めには土台の活け込みを開始しないと間に合わないのに
今頃こんなこと言っててどうするんでしょうね?

我ながら・・・・・・(--;) あきれる。

う~~~~ん、この際、夢の中で何か閃かないのかな~~~?
ここまで来ると半分神頼み的な? 笑(^^;)

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。